(株)久留米梱包運輸

グリーン経営認証Green Management

久留米梱包運輸 グリーン経営認証

グリーン経営の意味

 久留米梱包運輸は、地球環境保護の重要性を認識し、日々の業務を通じて省エネルギー・省資源を目指して「グリーン経営(環境負荷の少ない事業運営)認証」を取得した、環境にやさしい運輸事業者です。
 これは国土交通省の外郭団体である「交通エコロジー・モビリティ財団」が制定したグリーン経営推進マニュアルにより、環境保全活動を継続的かつ計画的に実施するものであり、環境保全活動が一定レベルに達し、継続的な審査に合格した事業者に対して「認証」が与えられたものです。

久留米梱包運輸 グリーン経営認証登録証久留米梱包運輸 グリーン経営認証登録証拡大して表示(PDF) 登録業種 トラック運送事業 久留米梱包運輸 グリーン経営認証永年表彰久留米梱包運輸 グリーン経営認証永年表彰拡大して表示(PDF)
更新登録日 2017年 8月30日
登録番号 T070034
登録事業所 株式会社久留米梱包運輸
福島県須賀川市横山町34-2

 

環境方針

 当社は深刻化する大気汚染、地球温暖化を防止するため、 環境保全活動を推進することが、企業の社会的責任の一つと 認識し、輸送サービスの提供という事業活動から生じる環境 負荷を低減していきます。
 

 

基本方針

1・・・法規制を順守し、環境保全に努めます
2・・・エコドライブなど省エネルギー運動を推進します
3・・・環境保全に関する教育、啓蒙活動を実施します
4・・・廃棄物の適正な処理、リサイクルを推進します
5・・・本方針は、広く社外に公表します
 

 

「グリーン経営推進マニュアル」の主な内容

  事業活動のなかに環境保全への配慮を組み入れ、事業の追求と環境配慮の両立を図っていくことを「経営のグリーン化」と呼んでいます。
   1.環境保全のための仕組み・体制の整備
   2.エコドライブの実施
   3.低公害車の導入
   4.自動車の点検・整備
   5.廃棄物の適正処理およびリサイクルの推進
   6.管理部門(事務所)における環境保全の推進

なぜグリーン経営か? トラック運送事業における環境問題
地球環境保護のため
  地球温暖化対策
  大気汚染対策
  廃棄物対策  など

経営改善のため
  職場の活性化、従業員の士気向上
  燃料費削減
  事故削減など
大気汚染
  ディーゼル車からの排気ガス

地球温暖化
  軽油などの化石燃料使用による
  二酸化炭素(CO2)等温暖化ガス

 

このページのトップへ